メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HOTプロ野球

柳田ら、けが人続出 離脱選手の年俸は計25億 タカそれでも強い理由は 

交流戦のMVPに輝いたソフトバンクの松田宣=2019年6月26日午後0時23分、吉見裕都撮影

 プロ野球のセ・パ交流戦では、2年ぶり8回目の優勝(最高勝率を含む)を果たし、パ・リーグの首位に立つソフトバンク。けが人が続出し、福岡県筑後市の2軍施設をのぞくと、中軸の柳田や抑えの森ら「筑後ホークス」には主力がズラリ顔をそろえる。離脱した主な選手の推定年俸の合計はしめて25億6000万円。それでも、勝ち星を積み重ねられているのは、やはり選手層の厚さだ。

この記事は有料記事です。

残り988文字(全文1166文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  2. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  3. 立憲候補ポスター板ごと切り取り 陣営「あげたのに…」 兵庫県警捜査
  4. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  5. 「憎い」女性美術監督の親族、怒りに震え 京アニ放火

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです