メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HOTプロ野球

楽天の被災地支援 ベテランから新人へ 受け継がれる「東北へ」の思い

激励に訪れた福島県いわき市の子供たちから花束を受け取り笑顔を見せる楽天・今江(右)=仙台市の楽天生命パーク宮城で2019年6月29日午前11時23分、生野貴紀撮影

 「今江年晶打て! ララララ……」。29日、楽天―ロッテの試合前の楽天生命パーク宮城に、子供たちの大声が響き渡った。その様子を今江年晶内野手(35)が笑顔で見守る。自身が2011年から続けている東日本大震災の被災地・福島県いわき市への支援活動。そのお礼として、子供たちが激励に訪れた。

 今江は「みんな素直で元気で恥ずかしがらずに応援してくれて。元気をもらった」と感激した。毎年シーズンオフに現地を訪問し、野球教室などを実施してきた。続けることの意義を報道陣に問われた今江は「(活動を)する前から続けることを決めているので」と言った。

 球団は年に1回「東北スマイルデー」と銘打ったイベントを開催する。今年5月のイベントでは、試合前に選…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです