メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

HOTプロ野球

楽天の被災地支援 ベテランから新人へ 受け継がれる「東北へ」の思い

激励に訪れた福島県いわき市の子供たちから花束を受け取り笑顔を見せる楽天・今江(右)=仙台市の楽天生命パーク宮城で2019年6月29日午前11時23分、生野貴紀撮影

 「今江年晶打て! ララララ……」。29日、楽天―ロッテの試合前の楽天生命パーク宮城に、子供たちの大声が響き渡った。その様子を今江年晶内野手(35)が笑顔で見守る。自身が2011年から続けている東日本大震災の被災地・福島県いわき市への支援活動。そのお礼として、子供たちが激励に訪れた。

 今江は「みんな素直で元気で恥ずかしがらずに応援してくれて。元気をもらった」と感激した。毎年シーズンオフに現地を訪問し、野球教室などを実施してきた。続けることの意義を報道陣に問われた今江は「(活動を)する前から続けることを決めているので」と言った。

 球団は年に1回「東北スマイルデー」と銘打ったイベントを開催する。今年5月のイベントでは、試合前に選…

この記事は有料記事です。

残り513文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  2. 沢尻エリカ容疑者を逮捕 合成麻薬MDMA所持認める 警視庁

  3. 「桜を見る会」安倍首相の説明に疑問の声 領収書、何が問題か?

  4. 指名手配男の母、埼玉県警に事前に相談 面会できず 新潟女性殺害で

  5. 「燃やせば問題ない」保存義務なくうやむや 五輪会計書類不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです