メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

錦織ウィンブルドン3回戦へ ストレート勝ちを自画自賛

4日、男子シングルス2回戦でキャメロン・ノリー(英国)を破って3回戦に進んだ錦織圭(日清食品)=AP

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第4日は4日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス2回戦で第8シードの錦織圭(日清食品)は、世界ランキング55位のキャメロン・ノリー(英国)と対戦し、6―4、6―4、6―0で勝って4年連続で3回戦に進んだ。

 わずか1時間48分で地元・英国のノリーを退けた錦織。「今日に関してはあまり反省点がないくらい」とストレート勝ちを自画自賛した。

 序盤から積極的にネットプレーを仕掛けるなど、戦術に幅があり、足もよく動いていた。「前への行き方も良…

この記事は有料記事です。

残り343文字(全文597文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」来年度は中止 官房長官が発表

  2. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  3. フェレットにかまれ感染症で死亡の警官 公務災害と認定 大分県警

  4. ヤフーとLINE経営統合へ 月内にも基本合意目指し、最終調整

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです