特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

Passion

走り幅跳び転向で日本記録樹立 知的障害者陸上の小久保寛太

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
知的障害者陸上の日本選手権男子走り幅跳びで優勝した小久保寛太=埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で2019年6月2日、手塚耕一郎撮影
知的障害者陸上の日本選手権男子走り幅跳びで優勝した小久保寛太=埼玉県熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で2019年6月2日、手塚耕一郎撮影

 支援学校の砂場で練習を重ね、2020年東京パラリンピックを狙える力をつけてきた。知的障害者陸上の男子走り幅跳びで、20歳の小久保寛太(かつみ会)は昨秋に日本新記録を樹立。得意の200メートルはパラリンピックで実施されないために3年前から走り幅跳びに転向し、周囲も驚く成長を見せている。

 小久保は昨年10月のジャカルタ・アジアパラ大会で6メートル79の日本新記録をマーク。16年リオデジャネイロ・パラリンピック代表の山口光男の記録を2センチ更新した。追われる立場となった今季も、安定した力を発揮している。6月2日、埼玉県の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場での知的障害者陸上の日本選手権。右手を挙げて力強く助走のスタートを切ると、1回目に6メートル65の大会タイ記録を出した。その後は「着地で我慢できず、背中がついてしまった」と記録を伸ばせなかったが、堂々の優勝だった。

 同県深谷市出身の小久保は、計算や漢字が苦手な先天的な障害がある。足は速くて中学は陸上部に所属した。転機が訪れたのは、同県立本庄特別支援学校の高等部に入学した15年春。同校教諭の樋口進太郎さん(38)との出会いだった。

この記事は有料記事です。

残り949文字(全文1441文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集