特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

東京・わたし

飛び込み「超新星」玉井陸斗 五輪の男子最年少出場へ、たった1度のチャンスにかける

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日本室内選手権で優勝し、寺内健選手(左)と馬淵崇英コーチ(右)と記念撮影する玉井陸斗選手=東京都江東区で2019年4月21日、村上正撮影
日本室内選手権で優勝し、寺内健選手(左)と馬淵崇英コーチ(右)と記念撮影する玉井陸斗選手=東京都江東区で2019年4月21日、村上正撮影

 来年の東京五輪に向け、飛び込み界に期待の「超新星」が現れました。兵庫県宝塚市の中学1年、玉井陸斗選手(12)=JSS宝塚=です。初めて出場した4月の日本室内選手権男子高飛び込みで史上最年少優勝しました。13歳10カ月で迎える東京五輪に出場すれば、記録が残る限りで日本男子最年少出場とされる1932年ロサンゼルス五輪競泳男子金メダルの北村久寿雄さん(14歳10カ月)を更新します。飛躍の要因や五輪に懸ける思いについて聞きました。【村上正】

 ――国内の主要大会で史上最年少優勝を果たし、一気に日本のトップダイバーとなりました。

この記事は有料記事です。

残り1839文字(全文2101文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集