メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

15歳のニュース

参院選 21日投開票 安倍政権の中間テスト 焦点は改憲3分の2維持

 参議院選挙が4日に公示され、17日間の選挙戦が始まった。7月21日に投開票される。6年半の長期にわたる安倍政権の「中間テスト」という位置付けだ。憲法改正に前向きな「改憲勢力」が3分の2(164議席)を維持するかが焦点となる。

「合格ライン」は「85」?「53」?

 政権選択(せいけんせんたく)の衆議院選挙に対し、参院選は政権に対する「中間テスト」の意味合いが強い。与党(よとう)が勝利すれば、安倍晋三首相(あべしんぞうしゅしょう)の通算在職日数は11月には桂太郎(かつらたろう)首相を抜(ぬ)き、憲政史上最長となる見込み。長期にわたる安倍政権を採点するのは有権者一人ひとりだ。

 参議院(定数245)は3年ごとに半数の議員が選挙で入れ替わる。今回の選挙の改選数は124議席。24…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 紀平SP6位 首位はコストルナヤ、世界最高得点 GPファイナル女子

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. インタビュー・最前線 ブロードリンク 榊彰一社長 中古PCで環境貢献 回収から卸売りまで

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです