西日本豪雨1年

水没の町、復興誓う 岡山・真備で追悼式

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
追悼式で目頭をぬぐう参列者=岡山県倉敷市真備町地区で2019年7月6日午前10時3分、平川義之撮影
追悼式で目頭をぬぐう参列者=岡山県倉敷市真備町地区で2019年7月6日午前10時3分、平川義之撮影

 東海から九州まで広範囲で大雨が降り、災害関連死を含め275人が死亡、8人が行方不明となった西日本豪雨は6日、最初に大雨特別警報が出てから1年となった。被害の大きかった広島、岡山両県などの被災地では慰霊行事が営まれ、犠牲者を悼み、復興への思いを新たにした。 町域のほぼ3割が水没し、関連死を含めて62人が死亡した岡山県倉敷市の真備(まび)町地区にある市真備支所では市主催の追悼式があり、約290人が参列した。伊東香織市長は「真備の田んぼでは多くで田植えが終わり、復興への息吹を感じることができる。災害の経験や教訓を後世に伝え、復興への誓いを新たにして災害に強いまち…

この記事は有料記事です。

残り424文字(全文706文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集