メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

復興まちづくりキャンプ

被災後の復興、疑似体験 参加申し込み10日まで、ペットも歓迎 13日から小金井 /東京

1999年に国営昭和記念公園で実施された「震災サバイバルキャンプ」の様子=実行委提供

 首都・東京が大災害に見舞われた場合を想定し、被災後の復興プロセスを疑似体験する「復興まちづくりキャンプ2019」(毎日新聞など後援)が13~15日、小金井市の都立小金井公園で開催される。実行委員会は「子供向けのプログラムもあるので、親子で楽しんで防災を学んで」と呼びかけている。参加申し込みは10日まで。

 大学教授や自治体職員、ボランティアなどで構成する実行委員会の主催。1999年に国営昭和記念公園(立…

この記事は有料記事です。

残り507文字(全文710文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  2. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 阪急踏切でレール破断 上下線で徐行運転 大阪・摂津

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです