メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外芥川賞に今村夏子さん「むらさきのスカートの女」
外国人実習生

縫製工場支える 低価格競争でしわ寄せ 賃金未払いや長時間労働 生き残りへ環境改善を /岐阜

 岐阜県は戦後、東京や大阪と並ぶ衣料品産地として栄えた。地域内分業で大量生産し、本州の真ん中という立地を生かして全国に販売網を広げた。しかし1990年代以降は経営環境が激変。低価格競争にさらされる中、縫製工場を支える外国人労働者にもしわ寄せが及んでいる。

 「日本の技術をこの目で見たかった」。中国出身の顔学国さん(30)は昨年8月から岐阜市の縫製工場で働く。母国でも縫製業の経験があり、夫婦で技能実習生として来日した。「固定給の日本と違い、中国は出来高制が主流。腕を上げて帰国したい」と意気込む。

 顔さんが勤めるアパレルメーカー「スキル・トラスト・ラボ」は岐阜市郊外の住宅街の一角にある。2棟で働…

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文993文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです