参院選2019

毎日新聞総合調査 西田氏、優位な戦い 倉林氏、増原氏競る /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 参院選が公示された4日と翌5日、毎日新聞は府内有権者を対象に電話による特別情勢調査を実施し、取材情報を加味して京都選挙区(改選数2)の序盤情勢を探った。自民党現職の西田氏が優位に戦いを進め、共産党現職の倉林氏と立憲民主党新人の増原氏が激しく競り合う。だが、有権者の3割近くが投票先を未定としており、情勢は流動的だ。【篠田直哉、澤木政輝、矢倉健次】

この記事は有料記事です。

残り1657文字(全文1831文字)

あわせて読みたい

注目の特集