メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再生の道標

西日本豪雨1年 「力になりたい」移住決意 静岡→宇和島 ボランティア機に家族と /愛媛

 西日本豪雨でボランティアをしながら、被災地への移住を決めた人がいる。単身で、家族で。被災者の笑顔にひかれて、使命感に燃えて。「被災者に寄り添いたい」という思いで県内に移住した人を訪ねた。【遠藤龍】

 宇和島市に移り住んだのは、静岡県富士宮市で森林保護の勉強をしていた玉城圭隆(けいたか)さん(39)。きっかけは豪雨直後に見た映像だった。

 倒壊した家屋、土砂崩れで埋まる道路--。2016年の熊本地震以降、被災地で何度かボランティア経験があった。当時、妻由紀さん(27)は妊娠7カ月だったが「一緒に行く」と言ってくれた。

この記事は有料記事です。

残り367文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 転向の高橋「上出来」 充実の初ダンスでRD2位 フィギュアNHK杯

  3. 吉本新喜劇の元座長、船場太郎さん死去 81歳 大阪市議会議長も務め

  4. 桜を見る会前夜祭 2019年分も収支報告なし 安倍氏の政治団体

  5. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです