メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

繁藤山くずれ

発生から47年 災害、語り継ぐ 追悼慰霊祭に100人 香美 /高知

慰霊祭で手を合わせる遺族ら=高知県香美市土佐山田町角茂谷で、松原由佳撮影

 土佐山田町(現・香美市)繁藤地区で発生し、住民ら多数が犠牲となった「繁藤山くずれ災害」から47年となる5日、殉職・殉難者追悼慰霊祭が「繁藤災害哀悼の広場」で行われた。遺族や市関係者ら約100人が出席。犠牲者の冥福を祈るとともに、災害を風化させずに語り継いでいく決意を改めて誓った。

 繁藤災害は1972年7月5日に発生した…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文381文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. セブン「24時間」縮小、時短営業を本格実施 加盟店に指針配布

  4. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです