メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

焦点

慰安婦財団が解散 文政権、譲歩なく 協議進展見えず

 韓国の女性家族省は5日、2015年の日韓慰安婦合意に基づき元慰安婦らの支援事業を行ってきた「和解・癒やし財団」が財団法人の解散登記を終え、残金の処理を目的とした清算法人になったと明らかにした。年内の清算の終了を目指すという。日本は一方的に解散手続きが進んだことに反発を強めており、元徴用工問題などを巡ってこじれた日韓関係が、さらに深刻化する恐れがある。

 女性家族省は今年1月、財団の設立許可の取り消しを発表し、清算手続きを進めていた。財団は文在寅(ムンジェイン)政権の発足後、事実上の休眠状態だったが、財団法人が解散したことにより、支援事業は法的にも終了することになる。

この記事は有料記事です。

残り2431文字(全文2717文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  3. 電通が本社勤務の5000人を在宅勤務に 50代社員の新型コロナ感染で 最低2週間

  4. イタリア感染拡大で「空気」一変、世界同時株安に 過去の経済危機と違う「感染症独特の難しさ」

  5. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです