連載

焦点

ニュースの背景を解説、検証、深掘りリポート。

連載一覧

焦点

慰安婦財団が解散 文政権、譲歩なく 協議進展見えず

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 韓国の女性家族省は5日、2015年の日韓慰安婦合意に基づき元慰安婦らの支援事業を行ってきた「和解・癒やし財団」が財団法人の解散登記を終え、残金の処理を目的とした清算法人になったと明らかにした。年内の清算の終了を目指すという。日本は一方的に解散手続きが進んだことに反発を強めており、元徴用工問題などを巡ってこじれた日韓関係が、さらに深刻化する恐れがある。

 女性家族省は今年1月、財団の設立許可の取り消しを発表し、清算手続きを進めていた。財団は文在寅(ムンジェイン)政権の発足後、事実上の休眠状態だったが、財団法人が解散したことにより、支援事業は法的にも終了することになる。

この記事は有料記事です。

残り2431文字(全文2717文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集