メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン

シリアに原油輸送 タンカー拿捕 英領ジブラルタル

 イベリア半島南端の英領ジブラルタルの当局は4日、欧州連合(EU)の制裁に反してシリアに原油を輸送しようとしたとして、大型タンカーを拿捕(だほ)した。ジブラルタルの自治政府が発表した。イラン外務省は、同国のタンカーが違法に拿捕されたとして英国に抗議。タンカーの即時解放を求めたと5日明らかにした。

 イラン外務省は、イラン産原油の全面禁輸制裁を科す米国の要求を受けた拿捕で「海賊行為に等しい」と非難。イランによる核合意の一部履行停止に米欧が反発して緊張が高まる中、タンカー拿捕は新たな火種になる恐れがある。

 ロイター通信などによると、タンカーはイラン沖でイラン産原油を積み、アフリカ大陸を回りジブラルタル沖…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文659文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  4. 韓国、女性9人連続殺人の容疑者浮上 約30年前「史上最悪」の未解決事件

  5. 最終的に「消費税廃止」で両党合意 れいわ山本代表と共産・志位委員長の会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです