連載

経済観測

毎日新聞経済面に連日連載の経済コラム。経営者や経済評論家らが独自の視点で、経済の今とこれからを展望する。

連載一覧

経済観測

成長志向と持続可能な農業=資源・食糧問題研究所代表 柴田明夫

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「持続性」という言葉が飛び交っている。経済、地球環境、資源、社会、そして農業も例外ではない。中山間地における急速な人口減少、超高齢化、荒廃農地の増加に加え、農業水利施設の老朽化も進行している。農林水産省によれば、2016年時点で基幹施設のうち、標準耐用年数を超えた施設は2割を占める。

 水田も貴重な農業資源だ。水田らしい水田とはどういうものか。農業経済学者の飯沼二郎氏は、盛り土の部分がどんなに急傾斜になっても絶対に崩れない畔(あぜ)▽水漏れを十分に支える耕盤▽耕盤に密着し四方にめぐらされた畔の内側に水平にならされた耕土--があることだと指摘する。このように造られた水田も1年…

この記事は有料記事です。

残り435文字(全文725文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集