メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
開かれた新聞委員会

2019 座談会(その1) 引きこもりの分析は慎重に

(奥列右から)鈴木秀美氏、荻上チキ氏、吉永みち子氏=東京都千代田区で6月26日

 全国で中高年の引きこもりが61万人という衝撃的な数字が今春明らかになり、約2カ月後に川崎市で51歳の、東京・練馬で44歳の引きこもりが関係した疑いのある事件が相次ぎました。東京・池袋では、80代の男性が運転する車の暴走事故が起き、改めて高齢ドライバーによる事故に注目が集まりました。これらの事件・事故報道と4月からの新紙面について、開かれた新聞委員会で議論しました。【司会は渋谷卓司・開かれた新聞委員会事務局長、写真は根岸基弘】(座談会は6月26日開催。紙面は東京本社最終版を基にしました)

この記事は有料記事です。

残り3474文字(全文3720文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸自試験で集団カンニング、45人停職 教官漏えい、写真撮りスマホで同僚に拡散

  2. 中京学院大中京・藤田主将 高校No.1捕手が到達した「個々の強み生かすリード」

  3. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  4. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  5. 相次ぐ「エアドロップ痴漢」 設定変更で被害防止を

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです