メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開かれた新聞委員会

2019 座談会(その2止) 高齢者運転、多角的に報道を

鈴木秀美委員

 

一律の免許返納に疑問

 木戸社会部長 交通事故死者が減る中、東京・池袋での暴走事故=5=など近年は高齢ドライバーによる事故が注目されています。警察庁は最近になって免許更新時に、認知機能だけでなく運転能力をチェックする試験を導入したり、自動ブレーキのある車しか運転できない限定免許を導入したりする議論も始めています。こうした議論を含め、被害者側や過去に事故を起こした加害者側の視点の記事を報じたり、国や自治体の取り組みを紹介したりしてきました。高齢ドライバーの事故については、再発防止策を考える材料を社会に提示することにもつながるので、センセーショナルにならないよう気をつけながら、読者の関心に応えて、新聞の役割を果たせるように報道しているつもりです。

 鈴木委員 一番厄介なのは、年を取っても認知機能がしっかりしていて、運動機能もそれほど衰えない人もい…

この記事は有料記事です。

残り3194文字(全文3570文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  3. サラリーマン川柳 今回の優秀100句を一挙掲載 第33回サラリーマン川柳 

  4. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

  5. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです