メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第65回青少年読書感想文全国コンクール

もっと広がれ想像力 自由な「本の世界」へ(その1)

 <読んで世界を広げる、書いて世界をつくる。>

 夏が到来した。第65回青少年読書感想文全国コンクール(主催・全国学校図書館協議会、毎日新聞社)の課題図書が発表され、「夏休みにどの本を読もうか」と目を輝かせている小中高生がいることだろう。社会のグローバル化が進むなか、私たちを未知の世界にいざなう読書の重要性について国立国会図書館国際子ども図書館の寺倉憲一館長と、コメディアンでタレントのパトリック・ハーランさん、コンクールの協賛をしているサントリーホールディングス(HD)執行役員の福本ともみさんが語り合った。【司会・明珍美紀、写真・山田茂雄】

この記事は有料記事です。

残り2297文字(全文2569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅首相「東京オリンピックはコロナに打ち勝った証しに」と決意 施政方針演説

  2. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

  3. 山口・宇部の病院で70人のクラスター 入院患者と職員

  4. 「東京オリンピック、中止の可能性」NYタイムズ報道 コロナ感染拡大で

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです