メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

ウィンブルドン選手権 錦織完勝、芝でも余裕 3回戦はジョンソンと

男子シングルスで3回戦進出を決めた錦織=ロイター

 テニスの4大大会第3戦、ウィンブルドン選手権第5日は5日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子ダブルス2回戦で2017年大会4強の二宮真琴(橋本総業)レナタ・ボラコバ(チェコ)組が段瑩瑩、鄭賽賽組(中国)に7-5、4-6、1-6で敗れた。青山修子(近藤乳業)アレクサンドラ・クルニッチ(セルビア)組はエリーズ・メルテンス(ベルギー)アリーナ・サバレンカ(ベラルーシ)組と対戦。男子シングルス3回戦では昨年準優勝の第4シード、ケビン・アンダーソン(南アフリカ)が敗れた。

 第4日の4日は、男子シングルス2回戦で第8シードの錦織圭(日清食品)が世界ランキング55位のキャメロン・ノリー(英国)を6-4、6-4、6-0で降した。4年連続となる3回戦は世界ランキング71位のスティーブ・ジョンソン(米国)と6日午前11時(日本時間同午後7時)から対戦する。男子ダブルスでは過去にシングルスで2回の優勝経験があるアンディ・マリー(英国)がピエールユーグ・エルベール(フランス)と…

この記事は有料記事です。

残り1445文字(全文1889文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  2. サッカー 新型コロナ なでしこ唯一の海外組・熊谷、隔離免除で合宿「感謝」

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 山形眼科医殺害 被告が殺意否認 地裁初公判

  5. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです