メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブン、7・11沖縄進出 売りは「本土の味」 先行2社は"地元密着"で対抗

交通量の多い国道58号沿いのビルに掲げられたセブン-イレブンの進出を告げる巨大広告=那覇市久茂地2で6月21日、高橋慶浩撮影

 コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブンが11日、これまで全国で唯一空白だった沖縄県に初出店する。那覇市など人口が集中する沖縄本島南部で一気に14店舗を出店し、5年で250店舗まで拡大する方針だ。沖縄は、人口増や観光客の増加で売り上げが伸びる全国でも数少ない成長市場。先行するファミリーマートやローソンは地元に根付いた戦略で計550店以上を展開しており、セブン進出で三つどもえの戦いが始まる。【高橋慶浩】

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1268文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. 柵なく、警備員1人で誘導 マンホールから頭出し車接触、男性死亡 愛知・刈谷

  3. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  4. 「いつもより飲める」「働き方改革は…」 大阪・御堂筋線で2時台まで終電延長実験

  5. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです