メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

セブン、7・11沖縄進出 売りは「本土の味」 先行2社は"地元密着"で対抗

交通量の多い国道58号沿いのビルに掲げられたセブン-イレブンの進出を告げる巨大広告=那覇市久茂地2で6月21日、高橋慶浩撮影

 コンビニエンスストア最大手のセブン-イレブンが11日、これまで全国で唯一空白だった沖縄県に初出店する。那覇市など人口が集中する沖縄本島南部で一気に14店舗を出店し、5年で250店舗まで拡大する方針だ。沖縄は、人口増や観光客の増加で売り上げが伸びる全国でも数少ない成長市場。先行するファミリーマートやローソンは地元に根付いた戦略で計550店以上を展開しており、セブン進出で三つどもえの戦いが始まる。【高橋慶浩】

この記事は有料記事です。

残り1063文字(全文1268文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  3. ASKAさん 封印していた「チャゲアス、19年前のソウルコンサート」 今DVD化する理由を語る

  4. チャゲアス脱退のASKAさんコメント全文

  5. らっこ・アーティスト Chage でこぼこ道でも未来へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです