メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
もとをたどれば

カルピス 生みの親は寺の長男、遊牧民に「乳酸」学ぶ 発売100周年

カルピス

 日本初の乳酸菌飲料として1919年に誕生したカルピス。天の川をイメージした水玉模様のデザインと、独特の甘酸っぱさを表現した「初恋の味」のキャッチコピーで親しまれ、7日で発売100周年を迎えた。

 大阪府箕面市の寺の長男、三島海雲(1878~1974年)がカルピスの原点ともいえる「酸乳」と出会ったのは、中国で雑貨商として働いていた30歳のとき。海雲は当時仕事で訪れた内モンゴルで体調を崩し、現地の遊牧民に乳酸菌で発酵させた乳を勧められた。それを飲むうちに体調は回復。海雲は…

この記事は有料記事です。

残り356文字(全文592文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  2. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  3. ソウルで韓国人男性が日本人女性に暴力 SNSに被害投稿

  4. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです