メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

移民拘束過去最多 メキシコ対策強化 長期滞留 米追加関税避ける狙い

米国に不法入国しようとして拘束され、メキシコの治安当局者に連行される中米ニカラグアの少女ら=メキシコのシウダフアレスで6月21日、ロイター

 中米から米国を目指す不法移民に寛容とみられてきたメキシコが移民への取り締まりを強化している。6月の移民の拘束者数は過去最多に上った。トランプ米政権による対メキシコ追加関税を避ける狙いだが、国内に滞在する移民への支援策は十分ではなく、混乱は深まっている。

 メキシコではこれまで、米国への国境越えを図る移民を取り締まらないのが通例だった。メキシコの移民対策に不満を募らせ、メキシコからの全輸入品に5%の追加関税を課すと表明したトランプ大統領に対し、メキシコは6月7日、対策強化と引き換えに追加関税の無期限延期で米国と合意した。ただ合意によると、45日間で対策は中間評価され、90日間で成果が十分でないとみなされれば追加措置を取られることになっており、メキシコは躍起になって対策を講じている。

 米国との国境地帯に加え、中米グアテマラとの国境地帯や移民の北上ルートに計2万5000人以上の治安当…

この記事は有料記事です。

残り705文字(全文1099文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです