メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「チキンレース」 ツケ市民に重く 一時休戦に不安 米中貿易戦争1年

数千の家具業者が集まる「国際家具材料センター」。貿易戦争の影響か、閑散としていた=中国河北省で2019年6月18日、赤間清広撮影

 米中2大経済大国が互いに追加関税をかけ合う貿易戦争に突入してから、6日で1年が経過した。両国は6月末の首脳会談で「一時休戦」に合意したものの、着地点は見えず影響は世界経済に重くのしかかる。覇権争いに巻き込まれた企業や消費者からは、「もう限界」との悲鳴が上がっている。【北京・赤間清広、ワシントン中井正裕】

この記事は有料記事です。

残り2058文字(全文2211文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  4. さいたま小4殺害 父親の逮捕状請求へ 死体遺棄容疑 埼玉県警

  5. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです