特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

入国管理センター、拒食症のクルド人男性を仮放免 2年ぶりに出所

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
仮放免が認められ、東日本入国管理センターを出たユジュル・マーモットさん=茨城県牛久市内で2019年7月4日、安味伸一撮影
仮放免が認められ、東日本入国管理センターを出たユジュル・マーモットさん=茨城県牛久市内で2019年7月4日、安味伸一撮影

 入国管理法違反の疑いで収容されていたクルド人男性、ユジェル・マーモットさん(32)が先月末に仮放免が認められ、4日午後、約2年ぶりに収容先の法務省東日本入国管理センター(茨城県牛久市)から出た。難民認定を求めているが、収容中に拒食症と診断された。

 ユジェルさんは4日、取材に「難民申請が認められずストレスだ。クルド人は難民だからトルコに戻ったら命が危な…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文443文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集