メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡的に救助された雄犬「くう」 新たな飼い主に引き取られ 西日本豪雨1年

 昨年7月の西日本豪雨で、福岡県筑紫野市の山中で犬の世話をしていた同県宇美町の山崎ツギ枝さん(当時68歳)が土砂崩れの犠牲となった。現場の保護施設にいた犬は豪雨から8日後に奇跡的に助け出された。現在、新たな飼い主となったのは、山崎さんとともにボランティアをしていた夫妻で「災害を生き延びた犬を通じて保護犬の実態を知ってほしい」と話している。

 施設にいた雄犬「くう」の新たな飼い主となったのは同県新宮町の橘田(きった)洋さん(42)と香さん(…

この記事は有料記事です。

残り621文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. 政治家個人への献金「仮想通貨は規制対象外」 政府答弁書

  5. ORICON NEWS カントリー・ガールズ、活動休止&メンバー卒業へ 山木梨沙は引退 船木結は来年3月活動を休止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです