メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支え合う「移民時代」

日本語支援の前に意識改革を 一橋大学国際教育交流センター・庵功雄教授

毎日新聞の取材に応じる庵功雄一橋大学国際教育交流センター教授=東京都国立市で7月3日、和田浩明撮影

 今年6月、日本国内で暮らす外国人の日本語学習推進で国と自治体の責任を明示した日本語教育推進法が成立した。日本語教育の専門家である一橋大学国際教育交流センターの庵功雄教授(52)に支援のあるべき形を聞くと、「支援は重要だが、それ以前に、外国人を自分たちと同じ市民と見られるよう、日本人側の意識変革に取り組むべきだ」という答えが返ってきた。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

この記事は有料記事です。

残り2721文字(全文2909文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  2. 1人死亡12人心肺停止 「死ね」と叫び液体まく 京アニ火災
  3. 「涼宮ハルヒの憂鬱」「らき☆すた」など製作 京都アニメーション
  4. 確保の男「パクリやがって」警官に恨み言 京アニ火災
  5. 「京アニ」火災 複数死亡20人不明 「放火した」男を確保 京都・伏見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです