メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「さびしいよ」 亡き夫にキャンドルの灯 広島被災者 西日本豪雨1年

自宅跡でキャンドルを手にする桐岡幸恵さん=広島県熊野町で2019年7月6日午後7時48分、小出洋平撮影

 西日本豪雨から1年となった6日夜、土砂災害で12人が犠牲となった広島県熊野町の団地「大原ハイツ」の一角にある住宅跡地に、キャンドルの灯がともった。この場所で暮らしていた桐岡幸恵さん(71)が企画し、近所の人たちを招いた。「あんた、助けてくれた人がみんな来てくれたよ」。揺らぐ炎を見つめ、豪雨で亡くなった夫勝治さん(当時76歳)に語り掛けた。

 大雨特別警報が出た1年前の夜、土石流と共に巨石が夫と2人で暮らしていた2階建ての自宅を襲った。1階…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文796文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  2. 注目裁判・話題の会見 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  3. 長男殺害の元農水次官「かわいそうな人生を送らせた」被告人質問で涙

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 2019年ヒット商品ベスト30 1位は女性も着る作業着「ワークマン」 2位は「タピオカ」 3位は「PayPay」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです