メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

ウソのようだが大まじめ! 衝撃の注目度だったのに消えた自動車装備4選

情報提供:カートップ

ウソのようだが大まじめ! 衝撃の注目度だったのに消えた自動車装備4選

多くの人が目にしたことすらない衝撃装備もある

 技術の進化は日進月歩であり、当時は最先端ともてはやされたものでも時代の流れとともに古臭いものとなってしまうということも少なくない。それは自動車にも当てはまることであり、当時は画期的だったものの、気づけば見なくなってしまった技術や装備も存在する。今回はそんな技術や装備をご紹介しよう。

1)自動車電話

 今となっては携帯電話が爆発的に普及してしまったため、自動車電話という存在自体が忘れ去られてしまっているが、当時の最先端は自動車電話だった。ひと昔前の警察車両のトランクに装着されていた大きなアンテナは、自動車電話用のアンテナを模したものであり、警察無線用のアンテナを偽装するものだったのである。

装備

2)自動車用FAX

 自動車電話よりも今となっては衝撃的なのが、自動車用FAXだ。もはやFAXでのやり取りはメールでのやり取りに取って代わられて久しいが、当時の最先端ビジネスマンは自動車車内からFAXを送受信することがマストだったのである(たぶん)。もちろん、室内で使用するよりも厳しい環境となる自動車内なので、FAXもそれにあわせてしっかり改良がなされていたというから驚きだ。

装備

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. タイキシャトルのたてがみ切られる「見学のお客さん信頼していたのに残念」

  2. 男子27位、ぼうぜん井上大仁 アジア大会「金」、暑さに強いはずがまさかの最下位 MGC

  3. 伏兵中村の歓喜 内に秘めた「主役交代」の誓い MGC

  4. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  5. 世界経済・見て歩き 中国・華西村 「金持ち村」の今 錬金術あだ、火の車 需要無視し過剰投資

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです