メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

救済求め闘う孤児たち(その1) 戦争は終わっていない

空襲被害者援護法の成立を訴える河合節子さん=東京都文京区で2019年6月13日、内藤絵美撮影

 梅雨の晴れ間、東京・永田町の国会前。「戦争の後始末は済んでいない!」と書かれた横断幕を持ち、河合節子さん(80)=千葉市=が訴えた。「空襲被害者が放置されたままです。救済法を求めています」

 1945年の東京大空襲で肉親を奪われた河合さんは、今年4月上旬から6月下旬まで計10回、仲間とともに訴えた。行き交う人たちに全国の空襲被害が書かれたリーフレットを渡そうと手を伸ばすが、足を止める人はまばらだ。

 第二次世界大戦で死亡した日本人は、民間人と軍人を合わせておよそ310万人。日本政府は戦後、元軍人・軍属に対して累計60兆円を援護する一方で、「国と雇用関係がなかった」として民間人への援護を拒否してきた。河合さんらは2007年、国に謝罪と補償を求め提訴したが、東京地裁、高裁とも敗訴。最高裁も13年、上告を棄却し敗訴が確定した。

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者のこだわり 他殺か、中毒死か ピンクに染まった遺体の歯は何を語っているのか

  2. 五輪やりとりなし 「ヨシ」「ジョー」と呼び合うこと確認 日米首脳電話協議

  3. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  4. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  5. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです