メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

救済求め闘う孤児たち(その1) 戦争は終わっていない

空襲被害者援護法の成立を訴える河合節子さん=東京都文京区で2019年6月13日、内藤絵美撮影

 梅雨の晴れ間、東京・永田町の国会前。「戦争の後始末は済んでいない!」と書かれた横断幕を持ち、河合節子さん(80)=千葉市=が訴えた。「空襲被害者が放置されたままです。救済法を求めています」

 1945年の東京大空襲で肉親を奪われた河合さんは、今年4月上旬から6月下旬まで計10回、仲間とともに訴えた。行き交う人たちに全国の空襲被害が書かれたリーフレットを渡そうと手を伸ばすが、足を止める人はまばらだ。

 第二次世界大戦で死亡した日本人は、民間人と軍人を合わせておよそ310万人。日本政府は戦後、元軍人・…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文741文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 新型肺炎、もし感染したら? 治療薬なし、対症療法中心 マスク、手洗い…予防が大事

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです