メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

聖書によれば、イエスは生まれてほどなく…

[PR]

 聖書によれば、イエスは生まれてほどなく、ユダヤ王ヘロデによる殺害計画を知った父ヨセフ、母マリアと共にベツレヘムからエジプトに逃れた。「イエスも難民だった」とされるゆえんだ▲安寧の地を目指した現代の難民家族の受難と言えよう。メキシコ経由で米国に向かう途中、国境の川で水死したエルサルバドル人親子の悲劇である。川面に折り重なる父娘の報道写真が見る者の胸に迫る。4年前、トルコの海岸に打ち上げられたシリア難民男児を思い起こした人も多かろう▲メキシコとの国境に壁を造っても不十分なら、相手国の産品に高関税をかけると脅して「不法移民」の流入を食い止めようとした米トランプ政権だ。親子の写真を受け、内外世論の風当たりが強まっている▲紛争や迫害のために故郷を追われた難民や国内避難民は昨年末に7000万人を突破した。国際移住機関(IOM)によると、他国への渡航中の死亡・行方不明者が5年連続で4000人を超す「難民危機」である▲渡航先でも苦境は続く。レバノン映画「存在のない子供たち」は、親から見放され、「不法移民」の幼子と赤貧生活を送る少年の絶望を描く。シリア難民のゼインさん演じる主人公は「自分を産んだ罪」で両親を裁判に訴える▲メガホンを取ったのはベイルート出身の女優ナディーン・ラバキーさん。20日からの日本公開を前に初来日し、「映画の力」を訴えた。「不正義に『ノー』と言えるよう、人々の考え方を変えることができるはずだ」と。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  3. 新型コロナ ワクチン3.1億回確保 首相表明 2社は実用化遅れ

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 将棋 第79期名人戦A級順位戦 菅井竜也八段-糸谷哲郎八段 第28局の3

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです