メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

救済求め闘う孤児たち(その2止) 74年の苦しみ発信

東京大空襲で家族を亡くし、ひとりぼっちになった体験を語る金田茉莉さん=埼玉県蕨市で2019年6月9日、小川昌宏撮影

 

 ◆戦争孤児から聞き取り

「命あるうち記録を」

 埼玉県蕨(わらび)市の、静かな住宅街。6月、金田茉莉(まり)さん(84)は自宅の居間で、穏やかに迎えてくれた。子どものころの栄養失調のためか右目の視力を失い、長年酷使した左目も衰えている。私は、10年近く前から取材をしている。以前は裁判所や、空襲被害者の集会にも積極的に足を運んでいたが、最近は外出をなるべく控えているという。

 30年にわたり聞き取ったり、集めたりした資料と、虫眼鏡があった。活字を拡大して確認し、著述を続けている。「母たちと一緒に死んだ方がよかったと思っていました」。戦争孤児として生きた戦後を話し出すと、表情が引き締まった。

この記事は有料記事です。

残り4689文字(全文4986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 強まる大阪府の要求に反発 コロナ患者の引き受けが難しい民間病院の事情

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. 和解のために 2021 2)変わりうる「ファクト」とは 「帝国の慰安婦」著者が指摘、「学問の政治化」

  4. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです