メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外芥川賞に今村夏子さん「むらさきのスカートの女」
ストーリー

救済求め闘う孤児たち(その2止) 74年の苦しみ発信

東京大空襲で家族を亡くし、ひとりぼっちになった体験を語る金田茉莉さん=埼玉県蕨市で2019年6月9日、小川昌宏撮影

 

 ◆戦争孤児から聞き取り

「命あるうち記録を」

 埼玉県蕨(わらび)市の、静かな住宅街。6月、金田茉莉(まり)さん(84)は自宅の居間で、穏やかに迎えてくれた。子どものころの栄養失調のためか右目の視力を失い、長年酷使した左目も衰えている。私は、10年近く前から取材をしている。以前は裁判所や、空襲被害者の集会にも積極的に足を運んでいたが、最近は外出をなるべく控えているという。

 30年にわたり聞き取ったり、集めたりした資料と、虫眼鏡があった。活字を拡大して確認し、著述を続けて…

この記事は有料記事です。

残り4748文字(全文4986文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです