メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外桃田が2連覇、男子単日本初 バドミントン世界選手権
囲碁・将棋スペシャル

将棋 C級2組 本田四段、寄せ切り初戦勝利 22歳の新鋭、飛躍誓う

本田奎四段

 <第78期順位戦C級2組 本田奎四段VS田中悠一五段>

 順位戦C級2組は52人で、前期より3人増。4人の新四段が参加した。では、本田奎(けい)新四段を紹介しよう。1997年生まれで、22歳になったばかり。川崎市出身で、幼少の時に将棋を覚え、東京都世田谷区の三軒茶屋将棋倶楽部に通う。席主の宮田利男八段に6枚落ちから鍛えられ強くなり、2009年に宮田門下で奨励会入り。順調に昇級を重ね、15年に17歳で三段に。だが三段リーグでは苦戦する。4期目には10勝3敗から3連敗して同星頭ハネで昇級を逃す。そして宮田門下で1年後輩の斎藤明日斗四段に先に上がられる。「後輩に抜かれたことはなかったのでショックでした」。これで奮起し、18年度前期の三段リーグで15勝3敗と圧倒的な成績で四段に昇段した。三段リーグを7期の苦難の昇段だった。

 居飛車党で、相掛かりを得意戦法とする。早見え早指しでプロになってから1分将棋は経験していない。研究…

この記事は有料記事です。

残り1030文字(全文1442文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 無党派層からの支持、大野氏は6割 青島氏は3割 埼玉知事選出口調査

  3. トランプ米大統領「まもなく最大規模の対日協定に合意する」

  4. 国民・大野参院議員 埼玉県知事選出馬へ 離党し無所属で

  5. 上田知事「埼玉県は強い」 「翔んで埼玉」出演陣が「ディスりを謝罪」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです