メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

睡眠検査の仕組み

 良質な眠りで、認知症のリスクを減らそう--。就寝から入眠までの時間や睡眠中の心拍を自宅で手軽に測れる検査の普及に、医療機関や薬局が乗り出している。睡眠障害は認知症の発症リスクを高めるとされている。検査結果を基に治療を促したり、食事や運動など生活習慣の指導をしたりすることで、睡眠の質の改善につなげるのが狙いだ。

この記事は有料記事です。

残り1056文字(全文1212文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. 吉本興業 宮迫博之さんとの契約解消
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです