特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚・新刊

『不知火のほとりで 石牟礼道子終焉記』=米本浩二・著

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

『不知火(しらぬい)のほとりで 石牟礼道子終焉(しゅうえん)記』

 (毎日新聞出版・1944円)

 作家・石牟礼道子の逝去に立ち会った三十五日間の日記と、ここ数年、新聞記者として彼女に「密着取材」をする一方で、常に身近にいて「渾身(こんしん)介護」をした著者によるエッセー集。

 著者はこれの前に『評伝 石牟礼道子--渚に立つひと』という名著を書いている。そちらが本人からの聞き書きとリサーチによる伝記だったのに対して、今回の…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文526文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集