特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

岩間陽子・評 『水運史から世界の水へ』=徳仁親王・著

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 (NHK出版・1728円)

人と水めぐる思索の記録

 天皇陛下が、趣味としての学問をお持ちであることには、昭和天皇以来私たちも親しんで来た。しかし昭和天皇の専門は生物学、中でも海洋生物・ヒドロゾアであったそうで、正直申し上げて私の脳裏には何のイメージも湧かない。大概の国民にとってもそうであろう。天皇陛下の学問とは、浮世と切り離されて陛下がしばし私的な時間を過ごせる空間、というのが従来のイメージであった。

 しかし、今上陛下の学問は最初から少し違っていた。歴史学を学ばれると伺い、やや意外な気持ちを抱いたことを記憶している。歴史とは過去との対話であり、過去の記録を掘り起こすだけではなく、その記録に対して、後世のものが自分の立ち位置を決める政治的な作業でもあるからだ。

この記事は有料記事です。

残り1140文字(全文1473文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集