メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

三浦雅士・評 『江藤淳は甦える』=平山周吉・著

『江藤淳は甦(よみが)える』

 (新潮社・3996円)

全編を貫く母と妻の存在

 江藤淳の自殺に驚いたのは1999年7月。享年66。没後20年である。本書はその江藤淳の評伝。力作かつ労作だ。800頁(ページ)近いが、読ませる。いわば痒(かゆ)い所に手が届くような仕上がりで、なぜと思う瞬間にすっと内側に入り込んで貴重な資料を示し、疑問を氷解させ、再び俯瞰(ふかん)する位置に戻る。巧みだ。

 昭和前半を代表する文芸評論家が小林秀雄ならば、後半を代表するのが江藤淳。慶応大学の学生だった頃、処…

この記事は有料記事です。

残り1242文字(全文1483文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  4. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです