メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『明智光秀・秀満』 著者・小和田哲男さん

小和田哲男さん=今沢真撮影

 ◆『明智光秀・秀満(あけちみつひで・ひでみつ)』 著者・小和田哲男(おわだ・てつお)さん

 (ミネルヴァ書房・2700円)

「本能寺の変」のナゾに迫る

 2020年のNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」は明智光秀が主人公だ。その時代考証を担当する戦国武将研究の第一人者が、光秀研究の2冊目を20年ぶりに出版した。

 かねて、光秀と石田三成、今川義元の「負け組」3人を「シンパシーを感じる武将」に挙げていた。なかでも…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1042文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです