メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

世界選手権代表プレーオフ 川井梨、ついに壁越えた 伊調、ラスト3秒同点

世界選手権の代表をかけたプレーオフの女子57キロ級で激しく攻め合う伊調(手前)と川井梨=埼玉・和光市総合体育館で2019年7月6日、宮間俊樹撮影

 レスリング世界選手権(9月、カザフスタン)の代表選考プレーオフは6日、埼玉・和光市総合体育館で男女6階級が行われ、女子57キロ級は2016年リオデジャネイロ五輪63キロ級金メダルの川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が、五輪5連覇を目指す伊調馨(ALSOK)に競り勝ち、代表入りした。同50キロ級は入江ゆき(自衛隊)が18年世界選手権覇者の須崎優衣(早大)を破り、初出場を決めた。男子フリースタイル65キロ級は18年世界選手権優勝の乙黒拓斗(山梨学院大)が樋口黎(日体大助手)に完勝して代表入りした。

 プレーオフは昨年12月の全日本選手権と6月の全日本選抜選手権の優勝者の異なる階級で実施。既に代表が…

この記事は有料記事です。

残り1482文字(全文1781文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. アクセス 韓国で暴行された日本女性、なぜたたかれるのか

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです