特集

西日本豪雨

「平成最悪の豪雨被害」をもたらした西日本豪雨。広い範囲で土砂崩れや河川の氾濫が多発し、甚大な被害となった。

特集一覧

西日本豪雨1年

あの日刻むライン 水位4.3メートル「子や孫に伝える」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
水色のラインが引かれた家で、景色を眺める大塚憲さん(左)と妻のキクヱさん=愛媛県西予市で2019年7月6日、山崎一輝撮影
水色のラインが引かれた家で、景色を眺める大塚憲さん(左)と妻のキクヱさん=愛媛県西予市で2019年7月6日、山崎一輝撮影

 川の氾濫で5人が犠牲となった愛媛県西予市野村町地区の住宅に6日、仮設住宅で暮らしていた大塚憲さん(72)と妻キクヱさん(71)が1年ぶりに戻った。修復した家の外壁には濁流の水位を示す水色のライン。我が家に「あの日」を刻み、再出発する。

 西日本豪雨では肱川(ひじかわ)が氾濫し、地区が浸水。大塚さんの…

この記事は有料記事です。

残り189文字(全文339文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集