メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新千歳の発着枠拡大へ 政府、五輪見据え1時間あたり50回

新千歳空港=本社機「希望」から竹内幹撮影

 政府は来年にも新千歳空港の発着枠を拡大する方針を固めた。現在の1時間当たり42回から50回程度への拡大を調整している。2017年3月にそれまでの1時間当たり32回から42回に拡大しているが、「北海道人気」で国内外の観光客の増加傾向が続いており、さらなる拡大で需要増に対応し、空港の利便性を高める狙いがある。

 複数の政府関係者によると、拡大時は管制システムの強化で対応する方針。来年7~8月の東京五輪・パラリ…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文566文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  2. 75歳以上の医療費負担 2割に引き上げ 政府検討

  3. 梅宮辰夫 「やすらぎの刻」で石坂浩二の亡き父役 倉本聰作品に12年ぶり出演

  4. 「桜を見る会」で首相擁護 お膝元の下関市長に全国から批判続々

  5. 日韓 日韓 感情的な連鎖断ち切る「蒸し返し」はダメ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです