メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ライチョウのヒナ2羽死ぬ 母鳥につつかれ 人工飼育に

自然にふ化したヒナと母鳥(左端)=富山市ファミリーパーク提供

 富山市ファミリーパーク(富山市古沢)は6日、今月3~4日にかけてふ化した国の特別天然記念物、ニホンライチョウのヒナのうち2羽が死んだと発表した。1羽は母鳥につつかれて死に、もう1羽も同様の死因とみられる。母鳥の子育てが困難と判断、人工育雛(いくすう)に切り替えた。

 環境省の人工繁殖事業では初めて母鳥の抱卵によるふ化で8羽が誕生。うち1羽はすぐに死んでおり、残り5羽となった。

 同パークによると、5日から母鳥がヒナをつつきながら引き寄せる行為が見られたため、衰弱した3匹を隔離。うち1羽が6日午後に死んだ。また同日朝には、別のヒナが母鳥が立ち上がった際にはね飛ばされ、その後激しくつつかれて衰弱死した。

 残りのヒナの一部にも外傷があり、今後治療しながら母子を離して育てるという。【青山郁子】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです