メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

命を巡る葛藤の現場で=永山悦子

 妊娠した女性の血液だけで赤ちゃんの染色体異常を推定する「新型出生前診断(NIPT)」について、これまで必須としてきた専門家による遺伝カウンセリングを簡略化しようとした日本産科婦人科学会に、国が「待った」をかけた。専門家不在のまま実施する医療機関が相次いだことが背景にあり、今後、国の検討会で実施方法について議論するという。

 NIPTでは、赤ちゃんに病気があると分かったとき、やむなく中絶が選ばれることがある。だから、遺伝カ…

この記事は有料記事です。

残り729文字(全文941文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 反社会的勢力、第1次安倍政権で「定義」 今回は「その時々で変化」 ネットで疑問の声噴出

  2. 安倍首相、名簿のシュレッダー処理「担当は障害者雇用の職員」と答弁 批判相次ぐ

  3. 「反社会的勢力、定義するのは困難」答弁書閣議決定 「桜を見る会」巡る質問主意書に

  4. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  5. コトバ解説 「アシカ」と「オットセイ」と「アザラシ」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです