メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

戦後日本の原点、問い続けて

 5月16日に亡くなった文芸評論家、加藤典洋さんの著書『9条入門』(創元社)について書く。奥付の発行日は「4月20日」。その後、5月10日発行の『完本 太宰と井伏』(講談社文芸文庫)が出たが、これは2007年刊行の本の増補版だから、実質的には『9条入門』が生前最後の著作といえる。

 「遺著」は記者にも4月半ばごろ、版元を通して送られてきた。そこには著者の記したA4判1枚の手紙が同封されていた。一部を引用させてもらう。「9条」はもちろん日本国憲法の9条を指す。

 「護憲論からも改憲論からも離れ、まず憲法とわれわれの関係の初期形、9条の出生の秘密を明らかにすると…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1480文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです