メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

戦後日本の原点、問い続けて

 5月16日に亡くなった文芸評論家、加藤典洋さんの著書『9条入門』(創元社)について書く。奥付の発行日は「4月20日」。その後、5月10日発行の『完本 太宰と井伏』(講談社文芸文庫)が出たが、これは2007年刊行の本の増補版だから、実質的には『9条入門』が生前最後の著作といえる。

 「遺著」は記者にも4月半ばごろ、版元を通して送られてきた。そこには著者の記したA4判1枚の手紙が同封されていた。一部を引用させてもらう。「9条」はもちろん日本国憲法の9条を指す。

 「護憲論からも改憲論からも離れ、まず憲法とわれわれの関係の初期形、9条の出生の秘密を明らかにすると…

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1480文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  3. 死者50人不明18人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  4. 早朝の決壊、避難できず 台風19号

  5. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです