メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
大衆音楽月評

社会を照らす響き=専門編集委員・川崎浩

岩谷時子賞特別賞を受賞した音楽家の宇崎竜童(前列右から2人目)と作詞家の阿木燿子(同右から1人目)夫妻ら

 お笑い芸人が所属事務所を通さずに「反社会的勢力」主催の会合に出席し金銭を受け取る「闇営業」をしていたことで騒ぎになっている。問題が「反社会的勢力との関係」なのか「未承認の闇営業」なのか、本質をはぐらかしたまま、「つるし上げ」だけが興奮状態で進んでいる。

 まず、「闇営業」の方は、所属事務所と芸人との契約問題であり、他者がとやかく言う話ではない。怒るのは「社会」ではなく「会社」である。

 「反社会的勢力」の問題で言うと、パーティー出席者が「怪しい見た目」だとしても「犯罪者か」と聞けるわ…

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1062文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  3. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

  4. 女性タレントがサーファー救助のお手柄 警察が感謝状 千葉・一宮海岸

  5. 投資家の滝本哲史さん死去 47歳 京大客員准教授 「僕は君たちに武器を配りたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです