メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

社会を照らす響き=専門編集委員・川崎浩

岩谷時子賞特別賞を受賞した音楽家の宇崎竜童(前列右から2人目)と作詞家の阿木燿子(同右から1人目)夫妻ら

 お笑い芸人が所属事務所を通さずに「反社会的勢力」主催の会合に出席し金銭を受け取る「闇営業」をしていたことで騒ぎになっている。問題が「反社会的勢力との関係」なのか「未承認の闇営業」なのか、本質をはぐらかしたまま、「つるし上げ」だけが興奮状態で進んでいる。

 まず、「闇営業」の方は、所属事務所と芸人との契約問題であり、他者がとやかく言う話ではない。怒るのは「社会」ではなく「会社」である。

 「反社会的勢力」の問題で言うと、パーティー出席者が「怪しい見た目」だとしても「犯罪者か」と聞けるわ…

この記事は有料記事です。

残り819文字(全文1062文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国、27日から海外団体旅行禁止 春節期、観光に影響必至

  2. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  3. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

  4. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  5. 駐日アフガン大使、涙声で「アフガンの偉大な友人で英雄です」 中村哲医師のお別れ会に5000人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです