メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Shall・we・バレエ?

さとい耳と歌う体=斉藤希史子

 夏はバレエ団とオーケストラの「共演」シーズン。若年層の視覚と聴覚に訴えようと、楽団員がピットから舞台へ大移動する。文字通り、ダンサーと同じ土俵に立つ試みだ。迎える側の可動域は極端に狭まるが、踊りにくくはないのだろうか。

 「確かに制約は生じますが、オケを背負うと音の『圧』に包まれる感覚があって、とても心地よく踊れます」と話すのは、東京シティ・バレエ団の芸術監督、安達悦子。29日にはスペイン・バルセロナ交響楽団の来日公演で、ファリャの「三角帽子」組曲などに振りを付ける(東京・サントリーホール)。

 同楽団の音楽監督、大野和士は小学校時代の同級生。音楽クラブで合奏をし、同じピアノ教室に通っていた。…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

  4. 白血病から復活、後輩Jリーガーを励まし 励まされ プロップ稲垣、奮闘の源泉

  5. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです