メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者のひとりごと

夫婦別姓、そろそろ答えを /東京

 「夫婦で姓が異なる場合、ご継続できません」

 大阪市の女性(50)は、カード会社から届いた通知を見てショックを受けた。結婚から約20年。夫の姓を名乗ることへの違和感がどうしても消えず、6月初旬、籍だけを抜く「ペーパー離婚」に踏み切って事実婚になった。姓の変更をカード会社に届け出ようとしたところ、家族とは認められないと告げられたのだ。

 法的には、離婚したといっても、これまで通り一緒に住み、生計も同一だ。カード会社と2週間以上も交渉を重ねた結果、ようやく同じ条件での利用継続が認められた。

この記事は有料記事です。

残り203文字(全文447文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

  2. 自称・平成のルパン…令和に逮捕 事務所荒らし疑い 「自分も大物になった」

  3. 大阪で新たに386人感染 3日連続300人超 新型コロナ

  4. ドコモ新料金プラン「ahamo」 菅政権の逆鱗に触れぬよう練り上げた戦略とは

  5. 大音量で軍歌流し、競走馬の調教妨害疑い 政治団体代表ら逮捕 滋賀県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです