メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニセ電話詐欺防止運動

「枡で詐欺防ぎマス」 地元企業に製作依頼 大垣署 /岐阜

ニセ電話詐欺被害の防止キャンペーン用の升を持つ大橋量器の大橋博行社長(左)と加藤雅之・大垣署長=大垣署で

 大垣署は、ニセ電話詐欺防止対策の一環で、地元企業と協力し、「枡(ます)で詐欺を防ぎマス」と銘打ったキャンペーン用の升(縦横82ミリ、高さ51ミリ)を作った。木升の生産で全国8割のシェアを誇る大垣市にある大橋量器が製作した。

 升は、ニセ電話詐欺への防犯意識の向上を図るため、被害防止に功績のあった個人に配る。県内の警察署で初めての取り組みという。

 大垣署によると、高齢者を狙ったニセ電話詐欺は多発しており、2018年は県内で114件(被害額2億6823万円)発生した。同署管内では24件(同1億1463万円)起きた。件数、被害金額ともに県内22署でワースト1位だった。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「夢のようなディズニー特別ツアー」詐欺相次ぐ 被害者が信じ込んだ、その手口

  2. 「このままでは皇室消滅」「女性皇族の議論なさ過ぎ」 専門家4氏が口にした危機感

  3. 身内にも「自助」要求? 菅氏方針にざわつく党内 連続比例復活で「重複」禁止

  4. 学術会議「国の機関から切り離し」 井上担当相の提案が波紋

  5. イラン核科学者暗殺 開発計画で中心的役割 実行犯不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです