メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニセ電話詐欺防止運動

「枡で詐欺防ぎマス」 地元企業に製作依頼 大垣署 /岐阜

ニセ電話詐欺被害の防止キャンペーン用の升を持つ大橋量器の大橋博行社長(左)と加藤雅之・大垣署長=大垣署で

 大垣署は、ニセ電話詐欺防止対策の一環で、地元企業と協力し、「枡(ます)で詐欺を防ぎマス」と銘打ったキャンペーン用の升(縦横82ミリ、高さ51ミリ)を作った。木升の生産で全国8割のシェアを誇る大垣市にある大橋量器が製作した。

 升は、ニセ電話詐欺への防犯意識の向上を図るため、被害防止に功績のあった個人に配る。県内の警察署で初めての取り組みという。

 大垣署によると、高齢者を狙ったニセ電話詐欺は多発しており、2018年は県内で114件(被害額2億6823万円)発生した。同署管内では24件(同1億1463万円)起きた。件数、被害金額ともに県内22署でワースト1位だった。

この記事は有料記事です。

残り175文字(全文459文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「『私が発案』はやぼ」 経緯説明なしで防衛相が釈明

  2. 学校、公共施設で次亜塩素酸水の噴霧休止相次ぐ 厚労省「濃度次第で有害」

  3. やっぱり新型コロナ危険因子だった喫煙、肥満 「足の赤いあざ」が示す感染の疑い

  4. 大阪来たら宿泊費を一部補助 関西圏からの客を対象に大阪府・市が7月末まで

  5. 「本能寺の変 原因説総選挙」 50説から選ばれたトップは、やはり…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです