メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 手話で被害状況説明 弁護士ら鳥取で学習会 /鳥取

手話で講演する藤木和子弁護士(中央奧)=鳥取市富安2で、阿部絢美撮影

 旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強いられた問題で、聴覚障害者の被害の背景や優生思想に基づく旧法などを考える学習会が7日、鳥取市総合福祉センター(同市富安2)であった。

 約60人を前に、全国優生保護法被害弁護団の藤木和子弁護士(36)が旧法を巡る裁判の経過を手話で説明。宮城県内で20年間にわたっ…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文349文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです