メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局長評論

山口 世界の水を募集中 /山口

 「アトリエに来てみませんか」。山口市の彫刻家、田辺武さん(74)の提案を受け、同市秋穂二島で瀬戸内海に突き出した半島の先端部を訪ねた。巨石が転がる土木資材用の採石場跡だった。

 ある会合で田辺さんの構想を聞き、関心を持った。「世界中から水を集めてもらい、生命の40億年の歴史と一緒に石の中に封印する」。その石を見せてもらった。重さ10トンの黒御影石で、側面にドリルで穴を開けて水のボトルを埋め、鉛で封印する。9月に宇部市で始まる「第28回UBEビエンナーレ(現代日本彫刻展)」の出品作だ。

 田辺さんは長年、石の中に生命の象徴として水を封印する作品を手がけてきた。今回、参加型にしたのは、便…

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文758文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです