メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック@さぬき

県内の多彩なマラソン大会 人気維持、課題解消を /香川

 全国的なマラソンブームだが、県内でも盛んで、およそ20大会が開催されている。私は今年2月に丸亀市で開かれたハーフマラソンの大会に初めて挑戦し、これまで県内の4大会に参加した。それぞれの大会の魅力や課題を紹介したい。【潟見雄大】

 2007年に始まった東京マラソンがきっかけとなり、健康ブームも重なって、ランニング人口は年々増加している。笹川スポーツ財団(東京)によると、週1回以上ランニングをする人は、06年の約298万人から、18年には548万人まで増えた。

 県内で最も大規模な「香川丸亀国際ハーフマラソン大会」は、日本陸連公認で国内やアジアの有力選手も参加…

この記事は有料記事です。

残り931文字(全文1211文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  2. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  3. 実体験もとに性依存症を漫画化 なぜ作者は公表したのか

  4. 千葉県 37歳女性職員、病気休職中に風俗店勤務で処分

  5. 小4男児遺体 首には絞められたような痕 さいたま市見沼区

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです